FOOD

ブログ

エルスウェーニョの新着情報やお知らせ、
ブログをご覧ください。

エルスウェーニョ 横浜駅ジャズアンドイタリアンレストラン マスターファンタジー ビッキー・ユーリのユルメ探訪 十八話2016.02.11

エルスウェーニョ 横浜駅ジャズアンドイタリアンレストラン
マスターファンタジー

ビッキー・ユーリのユルメ探訪 十八話

雲のように白く、
羽根ぶとんのように柔らかく、
電気毛布のように暖かく、
ケーキのおいしい香りに満ちた空飛ぶ円パンカメリーナは
ビッキーとユーリと役行者を乗せてフワフワと空を飛ぶ。
だんだん高い山が連なってきた。
向こうは真っ白な険しい山々が続いている。
ゆっくり近づくと平たんな広いところが見えてきた。
薄い水色の空気におおわれている。
家々があって人が住んでいるようだ。
こんな高い場所で、しかも険しい山に囲まれたところに寺院もある。
人々もいる。
知られることのない街。
桃源郷。
かつてヴェルヌ青年は、冒険の心に導かれてこの地に足を踏み入れた。
人々は静かに満たされて暮らしている。
その人々の暮らしにかいま触れる。
若く美しい女性に出会う。
二人はたちまちのうちに恋に落ち愛し合う。
女は120才だと言う。
耳を疑った。
こんなに若く美しい人が120才だと。
信じなかった。
二人は激情にかられ手に手をたずさえて下界の人間社会へ降りて来た。
そこで起こったことは、なんと恐ろしいこと。
女はみるみるうちに…
本当に120才だったのだ

かつて河口慧海青年は、仏の道に導かれてこの地に足を踏み入れた。
人々は仏様の生まれ変わり、
ダライ・ラマのもとで河口慧海はこの地の住民になりすまして
何年もこの地で暮らし、仏の道を生きる。
ダライ・ラマとも親しくなる。
そして仏教の聖典を得てそれを日本に持ち帰る。

映画「セブンイヤーズインチベット」でブラッドピットが演じた
実在のオーストリアの登山家ハインリヒ・ハラーは、
ドイツ登山隊のヒマラヤ遠征中に第二次世界大戦が勃発し、抑留されるが
友人と脱走し 冒険を重ね、この地に足を踏み入れる。
飢えて死にそうな二人をこの地の人が助ける。
「人助けに理由がいりますか?」
まだ少年のダライ・ラマと親しくなり、終戦までの7年をこの地ですごす。

かつてポーランドのラウィッツ陸軍中尉は第二次世界大戦中、無実のスパイ容疑でシベリアの収容所に入れられたが、脱走しシベリア、バイカル湖、モンゴル、ゴビ砂漠、チベット冒険の旅をし、この地に足を踏み入れる。
そしてヒマラヤの越える途中で二本足で立つ不思議な生き物に出会う。

カメリーナはビッキーとユーリと役行者を乗せてフワフワ飛ぶ。
まわりは雪と氷の世界だ。
でもカメリーナに乗ってると暖かい。
ひときわ高い山がある。
雪の上を一人の男が歩いている。
「おーい、雪男君!」
役行者が呼ぶ。
「おお、役上人。こちらはビッキー君とユーリちゃん、
役先生、ごぶさたしております。

お元気でなによりです。
私も先生にならって、ヨガ行者として山岳修行中です。
かつて先生は千日休まず山登りして修行された。
九日間飲まず食わず眠らず横にもならず読経の修業をなされた。
300年ほどそのような修行をして仙人になられた。
私もこの高い山々の雪の中を
裸足でふつうの衣服で歩いて修験道修行をしてまいりました。
おかげで寒さも飢えも薄い空気ものり超えることができました。
我々ヨガ行者の幾人かは、このヒマラヤの高い山々を修行の場として
また、住む場所として永い間雪の中で生きてきました。
地元の人々も我々のことを知っていてそっとしておいてくれました。
違う人たちが来たのは100年以上も前のことです。
ヨーロッパの物好きの人たちがこの地の高い山に登りたがって、
金や物や労力をつぎこんで
どんどんやってきてそして死にました。
普通の人々にとってこの地の自然は厳しすぎるのです。
彼らはこの地をヒマラヤと呼び、
いちばん高い山をエベレストと名付け、
高さも8848メートルと測りました。
何のために?
世界最高峰エベレストを征服する。
征服?
山頂に立つのが征服ですか?
我々はもう何人も何回も来ています。
我々の目的は神々の力を吹き込んでもらうため、
彼らの目的は名誉と威信でしょうか?
それでも最初に来たノートン君とマロニー君は勇敢でした。
また装備も少ない時代、彼らはこの山頂の直下まで酸素の補給なしに登ってきました。
マロニー君は勇気を奮って上へ進み、
頂上に足を乗せた瞬間、
強風に吹き飛ばされて谷底へ落ちました。
まるで太陽に近づきすぎたイカロスそのものです。
あれから四半世紀もたってから、
イギリス大遠征隊や酸素ボンベの助けを得て
ヒラリー君とテンジンが山頂に立ちました。
世界最高峰が征服されたということでしょうか。
ヨーロッパの先進国はヒマラヤの8000メートルの山頂の先陣を
国の威信をかけて争ったのでした。
そうして今は先進の防寒服と酸素ボンベをつけたたくさんの人たちが登ってきて、
山を汚してしまっています。
彼らの希望もわかりますが、山々は神々のもの、
科学技術ばかりに頼っていては、命を吹き込んでもらうことはできません。
私もいつか先生のように空を自由に飛べるようになるまで、
この雪の中で修業を続けるつもりです。」
「雪男君、おぬしならば業は達成させれるじゃろう。
いずれ雲のうえで会うことじゃろう。
がんばるがいい。」
「さよなら雪男さん、がんばってね。」
「さよなら。」
「さよなら。」
雪男はおおきな白い山の小さな点になっていった。

(ビッキーとユーリのユルメ探訪 十八話 おわり)

エルスウェーニョ 横浜駅ジャズアンドイタリアンレストラン マスターファンタジー ビッキー・ユーリのユルメ探訪 十七話2016.02.10

エルスウェーニョ 横浜駅ジャズアンドイタリアンレストラン
マスターファンタジー

ビッキー・ユーリのユルメ探訪 十七話

ビッキーとユーリは、今オルフェがいた岩の上にいる。
オルフェのことを思って二人とも泣いている。
「きっと、お星さまになっているよね。」
「そうだね。」
そうしてしばらく二人は泣いていた。
すると山の上の方から大きな岩がゴロゴロころがって落ちてくる。
上から巨人が走って追いかけてくる。
「うわーあぶない。」
巨人は叫んだ。
大きな岩がころがってビッキーとユーリがいる岩をはねとばして下へ落ちてゆく。
ビッキーとユーリはオルフェと同じように空中に飛ばされて深い谷へ落ちていった。
「きゃー、たすけてー。」
「うわーおちるう。」
「うわー、きゃー。」
と空中を落ちたと思ったら、
柔らかい羽毛ふとんのようなものの上に落ちた。
柔らかくて暖かい。
そばに老人が立ってる。
「ビッキー君、ユーリちゃん、悪い、悪い。お迎えが遅れちゃって。」
鬼共をこらしめて時間がかかってしもうた。
わしは役行者、これは空飛ぶ円パンカメリーナだ。
わしのように300年ほど修行すると空も自由に飛べて、
雲のように快適なカメリーナも自由に操れるようになるんじゃ。」
ユーリはカメリーナをさわってみる。

「おいしそう。」
「そうそう、カメリーナのどの部分もいろいろなケーキになっとるんで、
どこでもすきなように食べていいぞ。」
「うわーい。いただきます。」
ビッキーとユーリは回りにあるカメリーナのケーキをバクバク食べているうちに
カメリーナはフワフワと谷を上がっていった。
だんだんに山の頂上に近づいていくと
さっきの巨人が、さっきの大きな岩をゴロゴロ転がして登っている。
「こんにちは役行者殿。
ビッキー君、ユーリちゃんさっきはごめんね。岩がぶつかってしまって。
わしはシジフォス、山の上へ岩を転がして登ってゆくところだ。
山頂へつくと岩はさっきみたいにゴロゴロころがって落ちてゆく。
つまりまったくムダなことをくり返しているように思われるけど、
わしは楽しくてしょうがない。
岩をころがして登るにも力がいるし技術もいる。
山頂についたらどっちへころがるかも楽しみだ。
だいいち頂上についたら終わりだったらその後なにをする?
何度も何度も挑戦できるから人生が楽しい。
アルベールカミュ殿は異邦人の中でわしのことを書いている。
ムルソーはわしだ。人生は不条理なり。」
そう言ってシジフォスは岩を山頂まで転がしていき、
そして岩がゴロゴロところがって落ちてゆくのを、
「キャッホー。」
と叫びながらまた追いかけていった。」
「変な人ねえ。」
とユーリ。
「そうだなわかんないひとだな。」
とビッキー。
役行者はニコニコ笑っている。

空飛ぶ円パンカメリーナはビッキーとユーリと役行者を乗せてフワフワと飛んでゆく。
下は岩山が続いている。
大きな洞窟があってその入口で巨人がひざまづいて洞窟に向かって語っている。
プロメテウスコングだ。
洞窟はゴジラの巣だ。
「ゆるしてください。ゴジラさん。
私が人間どもに原爆と水爆をもたらしたばかりに、あたなたをそんな姿にしてしまった。
南太平洋の海のそこでタツノオトシゴとしてひっそりと暮らしていたあなたを水爆実験が直撃し、
あなたを巨大な怪獣にしてしまった。
みんな私が悪いんです。人間どもは太平洋戦争の時も科学の進歩という名のもとに
広島と長崎に原爆を落とし、たくさんの母親と子供たちを焼きこげにしてしまった。
なんの必要があったのだろう?そしてその反省もないまま、
原爆、水爆を開発し、どこかしらで爆発させ世界中を放射能だらけにしてしまった。
漁船の漁師たちも死の灰をかぶり犠牲となった。
そしていちばんの犠牲はあなただ。
怒り狂ったあなたは世界中を暴れ回り、
人間どもに恐れられ、最強最悪といわれているが、
つい最近まではチェルノブイリや福島で原子力発電所が爆発し、放射能だらけになりました。
まったく制御不能にならないと、ことの大きさに気が付かないのが人間どもです。
科学技術が自然をコントロールできると思いあがっているのです。
それもこれも私が人間どもに原爆、水爆を与えたからに他なりません。」
ドーンガーンと地響きがきこえてくる。
ゴジラがやってくるのだ。
「グァアオー。」
きたーゴジラだ。逃げろー。
「おう、キングコングプロメテウスじゃないか
久しぶりだな。」
ゴジラは話かかける。
「まぁ、おまえ一人が悪いんじゃない。
中にはいってお茶でも飲みながら昔の話でもしようぜ。」
ゴジラとキングコングプロメテウスは洞窟の中へ去っていった。

(ビッキーとユーリのユルメ探訪 十七話 おわり)

横浜駅イタリアンレストラン・エルスウェーニョでのビッキーとユーリのグルメ探訪(十七) ヴァレンタインディ2016.02.07

横浜駅イタリアンレストラン・エルスウェーニョでのビッキーとユーリのグルメ探訪(十七)
ヴァレンタインディ

ユーリはルンルンしながらチョコレートをつくっている。
溶かしてハートの型に入れるのだ。
ラッピングしてプレゼントらしくする。
二つつくった。
一つはもちろんビッキーへ。
もう一つは?
今夜はユーリは先に来て
横浜駅イタリアンレストラン・エルスウェーニョでビッキーと待ち合わせすることにした。
ちょっと早めに横浜駅から歩いてきた。
エルスウェーニョでは江野さんが一人いた。
「こんばんは」
「やあ、ユーリちゃん。いらっしゃい
おや、今日はおひとりですか。
待ち合わせですね。」
ユーリは一人カウンターに座った。
江野と二人きりである。

「何か飲みますか?」
「カヴァにしようかな」

「江野さんも飲みませんか?」
とユーリが言う
「ではカヴァをすこし」
「カンパイ」
と二人でグラスを合わせる。
ユーリは江野と二人きりなのは初めてである。
ちょっとドキドキワクワクである。
「ビッキー君はまだお仕事ですか?」
「そう、終わってから来ますよ」
さしさわりのない会話が少し続いてから
ユーリはチョコレートのプレゼントをカウンターから出して
「これ、江野さんへ」
プレゼントを差し出した。
「わあ、これはうれしいな。ありがとう」

ユーリはじっと江野を見て
「ギリチョコではありませんから。」
と言って、いたずらっぽく笑った。
江野はどう反応していいものかちょっと困って
「ありがとう。いただきます」
と言った。
そしてまたさしさわりのない会話が続いた。
しばらくしてビッキーが来た。
「いらっしゃい。お待ちしてましたよ」と江野。
二人はいつもの個室へ行った。
「ふー」と江野は一息つく。
どうも若い女性と二人というのは疲れるね。
・・・・・・・・
ビッキーとユーリはいつものテーブルで
でカンパイした。
「ハイ。これ、わたしがつくったのよ」
とチョコレートのプレゼントを差し出す。

「わーい。ありがとう」とビッキー
江野にもあげたことは言わないでいた。
今日は四種類の生ハムの皿が最初だ。
パルマ産プロシュートはフレッシュな肉の味わい。
超熟プロシュートは熟成した濃い味わいだ。
クラッテロズイベロ 幻の生ハムは個性的でスパイシーで独特の味と香りで他と比べようがない。
ハモン・イベリコ・デ・ベジョータは濃厚で深い味わいで
何か引き込まれるようだ。スペイン産生ハムの最高峰だ。
「こんなおいしいものはないね。どれもおいしい」
とユーリは幸せそうに言う。
そうしているうちピザが来た。
今日はモッツアレラブッフォラ、水牛チーズのピザだ。
水牛チーズはあまり高温で焼くと香りが失われてしまう。江野の焼くピザは下からパリッと焼きあがり、
上の表面はやわらかくトロリと溶ける感じだ。
水牛チーズのフレッシュな香りと味わいが広がる。
そして独特のピザの生地は小麦粉の香ばしさと味わいの深さが広がる。

江野が毎日こねて、炭火で焼くカメリーナの味はここでしか食べられない独特のものだ。
「ここのピザが最高ね」
とユーリ。
「ピザはどこでも食べるけど江野さんのピザがいちばんだ」
とビッキーも言う。
ひとしきりおしゃべりをして、食事も終わって
今夜はコーヒーとデザートにしようということになった。
チョコレートのロールケーキ。パティシエの宮本のつくるケーキは大人の味で奥ゆかしい。
下村コーヒーの自家焙煎のブラックコーヒーとよく合う。
ビッキーもユーリ幸せな気分だ。
マイルスディビスのトランペットの曲が流れている。
ミュートのロマンチックな音だ。
曲はマイ・ファニー・ヴァレンタイン

             第十七話おわり

エルスウェーニョ 横浜駅ジャズアンドイタリアンレストラン マスターファンタジー  ビッキーとユーリのユルメ探訪 (16話)2016.02.04

エルスウェーニョ 横浜駅ジャズアンドイタリアンレストラン マスターファンタジー  ビッキーとユーリのユルメ探訪 (16話)

深い深い谷を渡ったところは岩山だった。
白く冷たい月がかがやいている。
ビッキーとユーリが岩の道を登ってゆくと、
どこからともなく琴の音の調べと歌が聞こえてきた。
大きな岩の上で一人の男がたてごとを奏でながら切々と歌っている。
月に向かって切々と歌っている。
ビッキーもユーリも心を奪われて歌と音楽に聞き入った。
男は月に向かって歌う。
男の名はオルフェ。
かつて狩人だった弓の名人。
狩りの名人といわれていた。
森の中で鹿を射る。 百発百中だった。
オルフェが作った弓と弦は彼の指が弾く時、不思議な音をかもし出した。
飛ぶ矢も妙なる音を響かせた。
鹿は逃げることなくその音にうっとりとしてその場にたたずむのだ。
オルフェはいろいろな大きさの弓をつくり、いろいろな長さと太さの弦を張った。
それらをはじくといろいろな音が出た。
低く重い音。軽やかな高い音。
オルフェは一つの大きな弓に長さの違う弦をいくつも張ってそれらを弾いて遊んでいた。
不思議な感覚だった。
どこまでもどこまでも低く、
どこまでもどこまでも高く、
見たこともない世界が見えるようだった。
広く広く世界がみえる。 どこまでもどこまでも広く。
そうして遊んでいると、鹿やうさぎが寄ってきて、うっとりと音を聞く。
もう狩りをする必要はなくなった。
ライオンや狼たちも集まってきておとなしく音を聞いている。
森の木や草もみずみずしくそよぎ、岩さえも柔らかくなって聞いていた。
月が輝いていた。
月の女神アルテミスとミューズの女神たちがオルフェを見下ろしていた。
ミューズの一人ユリディスがアルテミスに願い出る。
「女神さま、あの男は音楽に目覚めようとしています。私を彼の元へ行かせてください。 彼に音楽を授けたいのです。」
純潔の女神アルテミスは答えた。
「よろしい、行くがよい。
 ただし、お前の身の純潔は守らなければならない。」
月の女神の許しを得て、ユリディスは地上に降り立ち、オルフェの前に来た。
「私はあなたの妻。  私への愛をその弦にこめて歌うのです。」
オルフェとユリディスは心から愛し合い、
オルフェは音楽というものに目覚めた。
こうして人類に音楽がもたらされた。
オルフェとユリディスは地上で音楽を奏で歌い、
森の木々や動物たちと楽しく幸せに暮らしていった。
月日が流れた。 ユリディスはオルフェを愛するあまり、
自分が人間の女になったような気がしてきた。
天上の世界のことも忘れてしまった。
そして月の女神の言いつけを忘れて、人間の女としてオルフェと愛し合ってしまった。
アルテミスは怒りユリディスを月へ連れもどした。
地上に残されたオルフェは悲しみに打ちひしがれた。
そして毎日毎日ユリディスへの愛の歌と、彼女を失った悲しみの歌を歌った。
世界は悲しみにおおわれた。
太陽は姿をみせず、鳥は鳴かず、沈黙と暗闇の世界になってしまった。
そのような地上のありさまを見て、月の女神アルテミスは心を痛め、
「わかりました。オルフェ、ユリディスをあなたにお返ししましょう。  
ただし、ユリディスが月から地上へ降りる間、あなたは目を上げてユリディスを見てはいけない。
 その間音楽を奏でつづけるのです。」
オルフェは喜びと期待に満ちて音楽を奏で続けた。
世界は喜びをとりもどしつつあった。
音楽は続く、続く、永遠と続く。
そしてオルフェはユリディスが近くに来た気配を感じた。
そして目を上げた。
しかしユリディスは
まだ足が地上に着いていなかったのだ。
ユリディスの姿が遠くなってゆく。
「ああ、オルフェ、もうすこしだったのに。  愛する人 さようなら」
永遠に失われた愛。
茫然とたたずむオルフェ。
「なんということ、なんというおろかな男。」
オルフェはそのままユリディスの後を追うように
岩から飛んだ。
ビッキーとユーリのユルメ探訪 第十六話おわり

PAGE TOP