FOOD

ブログ

エルスウェーニョの新着情報やお知らせ、
ブログをご覧ください。

エル・スウェーニョ(横浜駅ジャズ&イタリアンレストラン)マスター小説 第九話 春の歌2015.12.28

マスター小説 第九話 春のうた
 
ハーイ、おはよう!ぼくビッキー。
今、長い眠りから覚めたとこ。
まだ頭はボーとして、体も動かなく、目もかすんで見えない。
眠っている間のことは全く覚えていない。
でも深い眠りの底に遠い記憶があって、おぼろげな夢のように映し出される水の中から初めて顔を出した瞬間だ。
遠い遠い昔のことだ。
命というものが水の中で生きていて、ぼくたちの祖先が魚として世界中の海を泳ぎ回って永い時が過っていた。
水の上に新世界があることを想像して、顔を出したのだ。
驚くべき行為。
驚くべき世界。
まさに新世界。
その瞬間のことが、今、よみがえる。
だんだん頭もはっきりしてきた。
目も見せるようになってきた。
ぼくは池の前にたたずんでいる。
梅の花が舞い散ってくる。
青い空。
真っ赤な椿の花。
池のほとりの黄色の美しい花はミモザの花かな。
太陽はあたたかいが風は冷たい。
だんだん思い出してきた。
ぼくたちはいつもこの時期、永い眠りから目覚めて池のほとりに来るのだ。
春。
生命がよみがえる。
春の歌
クククククク…
ケケケケケケケケ。
夜になった。
まあるいお月さんが輝いている。
星もまたたく。
思い出したぞ。
去年はぼくはここでひきこちゃんに会ったんだ。
美しい女性。
そして愛し合い、二人で卵をたくさん産んだんだ。
ああ、思い出しても幸せな気持ち。
今、ぼくはこうしてひきこちゃんが来るのも待っているんだ。
今年も会えるかな。
ひきこちゃんはまだ眠っているのかな。
おねぼうさんだからな。
はやくひきこちゃんに会いたいな。
ククククククク
ケケケケケケケケケ。
一日が過ぎた。
ぼくは一人で待っている。
おや、むこうから何か来るぞ。
ゲッ! ガマオだ。
いやなやつ。
なんてみにくいんだ・
「よう、ビッキー。また会ったな。」
「おまえなんかに会いたくない。」
「まあそういうん。去年はおまえにひきこちゃんをとられたが今回はそうはいかん。今年はひきこちゃんはおれがいただく。」
なにを言ってやがる。
このバカ。
バチバチバチバチ
ククククククク
ケケケケケケケケ
二日が過ぎた。
夜になった。
まんまるの月が輝く。
ふとかぐわしい香り
予感。
向こうで何かが動いた。
ひきこちゃんだ。
ぼくはガマオの顔に蹴りを入れて一目散に駆け出した。
やっぱりひきこちゃんだ。
目であいさつするなり、ぼくはひきこちゃんの背中から抱きついた。
うう、この感触。
柔らかい胸のふくらみ、すべすべした肌。
幸せ……
そこへガマオが追いかけてきて、ぼくの顔面に頭突きをくらわせた。
ウウ…
クラクラクラクラ
もう一発くらった。
クラクラクラクラ
不覚にもぼくは、ひきこちゃんからはなれてひっくりかえってしまった。
「ケケケケ、ざまあみろ」
ひきこちゃんが抱きつく。
「ビッキーだいじょうぶ?」
ひきこちゃんの心配そうな顔。
「うう、クソー」
ぼくは気をとりなおして、ガマオの脇腹へ頭突きをくらわす。
ガマオは蹴りで応酬する。
一発、二発、三発。
激しい攻防が続く。
クソゥなんてしつこい奴!
「ケケケケ、おれの勝ちだ。ケケケケケ」

ぼくはもう疲れ果てて、絶望的になってきた。
その時、一陣の風がザァーと吹いた。
そばのミモザの木が大きくそよいだ。
そしてその枯れ枝が落ちてきてガマオの頭を直撃した。
「ウワー痛え」
ガマオは気絶してひっくりかえった。
ミモザが味方してくれたぞ。
ぼくは再びひきこちゃんに抱きついた。
「ビッキー、あなたでよかった」
ひきこちゃんは言ってくれた。
うれしいいいいい。
やっとひきこちゃんと二人になれた。
ミモザの花が祝福してくれてるみたいだ。
恋の調べ。
ククククククク
ケケケケケケケケケ
夜も更けてきた。
二人でこうしていると悠久の時が過ぎていく。
ひきこちゃんとぼくはぴったりとくっついて水の中でひとつになってじっと待っている。
「ビッキー、もうすぐよ」
「うん」
満月が輝いている。
時が過ぎる。
「ビッキー、もうすぐ来るよ」
ひきこちゃんがささやく。
ドキドキドキドキ。
「ビッキー、出るよ出るよ!」
「ぼくも出る」
ギュッと抱き締める。
「ああ……」
「ううっ」
ひきこちゃんのお腹からズイズイと卵がとめどもなくあふれ出てくる。
同時にぼくもあらん限りの精子をふりそそぐ。
絶頂の瞬間。
恍惚の時。
生命の躍動。
いのちの燃える時。
ククククククククク
ケケケケケケケケ
 
(第九話 春のうた おわり)

横浜駅ジャズ&イタリアン エルスウェーニョマスターの小説 横浜駅ジャズアンドイタリアンレストラン2015.12.26

横浜駅ジャズ&イタリアン エルスウェーニョマスターの小説 横浜駅ジャズアンドイタリアンレストラン

(八)ジョンとカーリー
ジュン、スキスキ、ワンワン。
カーリー、スキスキ。
ジュン、スキスキ、ワンワン。
カーリー、スキスキ。
カーリーはシェパード犬。
訓練を受けてかしこい犬。
ジュンが学校から帰ると、二人は毎日野山を駆け回るのでした。
ジュン、スキスキ、ワンワン。
カーリー、スキスキ。
今日はどこへ行こうか。
裏の山へ行こう。
ジュン、スキスキ、ワンワン。
カーリー、スキスキ。
どこまでもいっしょに行こうね。
どこまでもぼくたちはいっしょだ。
ジュン、スキスキ、ワンワン。
カーリー、スキスキ。
ジュン、スキスキ、ワンワン。
カーリー、スキスキ。
カーリー、そらいくぞ。
ジョンがボールを投げるとカーリーはまっしぐらにそれを追いかけ、
ワンバウンドしたボールをジャンプしてバクっとくわえ、ジョンのところへ持って帰ってくるのでした。
カーリー、そらいくぞ、真冬の地にボールを投げ入れると
ザブンとカーリーは水に飛び込み、
犬かきで泳いでボールをとらえ、ジュンのところへ持っていきます。
二人は毎日このようにして暮らしていました。
ジュン、スキスキ、ワンワン。
カーリー、スキスキ。
いつまでもいっしょにいようね。
いつまでもぼくたちいっしょだ。
ジュン、スキスキ、ワンワン。
カーリー、スキスキ。
あれ、なんだかカーリーの様子が変だ。
すこし元気がないし、おなかあたりをしきりに気にしている。
カーリーどうした?
「なんでもない。」
その日以来、近所のオス犬どもが、カーリーをつけまわすようになりました。
カーリーは大きくて強いので、オス犬どもを追っぱらいます。
ジュン、スキスキ、ワンワン。
カーリー、スキスキ。
ジュン、スキスキ、ワンワン。
いつまでもいっしょにいましょうね。
ジュン、スキスキ、ワンワン。
カーリー、スキスキ。
ある日りっぱなオスのシェパード犬がやってきました。
カーリーもまんざらでもなさそうです。
こんどは三人でいっしょに、野山を駆けまわって暮らしています。
楽しい日々。
そのうちそのシェパードはいなくなりました。
また二人で駆けまわります。
ジュン、スキスキ、ワンワン。
カーリー、スキスキ。
やがてカーリーのおなかが大きくなってきました。
ジュンにはなんのことかわかりません。
ジュン、スキスキ、ワンワン。
カーリー、スキスキ。
ジュン、スキスキ、ワンワン。
いつまでもいっしょにいたい。
カーリー、スキスキ。
ジュン、スキスキ、ワンワン。
ある夜ジュンの寝ている床の下でゴソゴソ音がしました。
朝、起きてみるとカーリーの子犬が十匹生まれていました。
カーリーは自分の犬小屋ではなく、ジュンのそばでお産をしたかったのです。
子犬たちはカーリーのお乳を飲みながらスクスクと育っていきました。
やがて、それぞれもらわれてゆきました。
また二人で駆けまわります。
ジュン、スキスキ、ワンワン。
カーリー、スキスキ。
ジュン、スキスキ、ワンワン。
いつまでもいっしょにいられたら。
カーリー、スキスキ。
ジョン、スキスキ、ワンワン。
月日がたちました。
ジュンも中学生になり、勉強にスポーツにいそがしくなりました。
いままでのようにカーリーと駆けまわってばかりはいられません。
カーリーも年をとりました。
カーリーは遠いところへもらわれてゆくことになりました。
ジュンとカーリーの最後の日。
「いつか、こんな日が来ると思っていたわ、ジュン。」
カーリーはそっと涙を流しました。
「あなたと二人幸せな日々だったわ。でもわたしはもう年。あなたはこれからたくさん勉強して、りっぱな大人になってゆくでしょう。大人になったあなたにまた会いたいわ。さようなら。さようなら、ジュン。」
ジュンは涙をこらえながら、カーリーを見送った。
「泣くもんか。泣くもんか。」

(第八話 ジュンとカーリー おわり)

エル・スウェーニョマスターの小説 横浜駅ジャズアンドイタリアンレストラン2015.12.26

エル・スウェーニョマスターの小説 横浜駅ジャズアンドイタリアンレストラン

(七)少年と春

少年は小学校の裏の池であるものを見て、びっくりぎょうてんしました。
(大きい。
りっぱだ。
見事だ。)
それはまだ図鑑にも載っていない。
新種のカエルでした。
みんなはそれをショックと呼んでいました。
少年はショックのことが気になって気になってしかたがありませんでした。
けれども少年が近づくとショックは音も立てず波も立てずに、
水底を優雅に泳いで池の深い底へ隠れてしまうのでした。
少年は考えました。
ショックも息をしているからには、水の中では苦しくなって上がってくるだろう。
少年は池の岸に座って待ちました。
じっと待っています。
何十分かたちました。
まだ待っています。
やがて水の表面が波打ち
ショックが顔をのぞかせ、少年とバッタリと顔を合わせました。
目と目が合って見つめあいます。
お互いに動けません。
目をそらすこともできません。
とても長い時間に思えました。
やがてショックが問いかけます。
なぜ、あなたは、わたしを、そんなに見つめるの?
「おまえは美しい。」
ショックはおどろき、顔を赤らめ水底へ隠れてしまいました。
………
少年とショックは池の淵と水のまん中で何度も会いました。
(おまえはなぜしっぽがない。
手と足があってなぜしっぽがない。
手と足があってなぜ指が五本ある。
なぜつやつやしてきれいな肌をしている。
なぜ足が長くてなまめかしい。
おまえたちの祖先が、初めて自ら顔を出したというのが本音か。
どうしてそんなことができた。
冬の間どうしている。
秋、どのように息を止め、
春、どのようにして吹き返す。)
「そんなの知らない。私はただ水の中で生きているだけ。また会いに来てね。さよなら。」
………
少年はショックをつかえまえたくてしかたがありませんでした。
でもいつも深い水底に逃げてしまうのでした。
少年は顔をめぐらせました。
そしてこんどは池の反対側から岸にいるショックを驚かせようとしました。
ショックは水の底に隠れていました。
池を回ってみると思ったとおりショックは浅いところに隠れています。
池の底の泥が盛り上がってその下にいます。
少年はドキドキしながらそうっと近づき、手でやさしくショックの腰をつかみました。
柔らかい感触。
持ち上げました。
驚いたことにショックはジタバタせず、手足を大きく伸ばして、
うっとりと少年を見つめています。
「ああ、やっとつかまえてくれたのね。これで私は、あなたの、もの。」
………
少年は大きな樽の中にショックの家をつくり、毎日、会いに来ます。
石の屋根をとるとショックの美しい姿がさらされてショックははずかしくてもじもじしています。
なぜ、あなたは、わたしを、そんなに見つめるの。
………
数日がたちました。
数週間がたちました。
ショックはだんだん痩せて弱っていきました。
えさのかつお節には手をつけません。
「なぜ、食べない。」
「私は野生のいきもの。あなたのものとなったからには、このままあなたのそばで死なせてください。」
………
「知らなかったんだ、ゆるしてくれ。」

少年は心で泣きました。そして弱ったショックを抱いて池に連れてゆき、水に離してやりました。
弱々しく泳ぎながらショックは少年に別れをつげました。
「さよなら、いとしい人。愛してくださって幸せだったわ。私はこのまま死ぬけど今度は人間の女に生まれ変わっていつかきっとあなたに会いにゆくわ。さようなら。」

(第七話 少年の春 おわり)

クリスマス☆イベリコ豚のステーキコース2015.12.22

エルスウェーニョのクリスマスメニュー

イベリコ豚のステーキのコース

19時からジャズのライブも楽しめます!

楽しくて幸せな気分のクリスマス♪

image

メニュー

手作り炭火焼パン

水牛モッツァレラチーズと完熟トマト

スモークサーモン

彩り野菜のサラダ

野菜のポタージュ

イベリコ豚のステーキ

シュトーレンを添えたクリスマスのデザート

コーヒーor紅茶

****************************************

店内ホール
image

個室
g_ph06
個室のステンドグラス
image

小個室にあるステンドグラス
image

image

コース料金税込3,900円 ライブチャージはありません。
22時以降お一人様500円のバーチャージがお会計に加算されます。

PAGE TOP