FOOD

ブログ

エルスウェーニョの新着情報やお知らせ、
ブログをご覧ください。

鯉のぼりと山椒魚 エル・スウェーニョ 横浜駅ジャズアンドイタリアンレストラン ビッキーとユーリのグルメ探訪 33話2016.05.31

鯉のぼりと山椒魚
エル・スウェーニョ 横浜駅ジャズアンドイタリアンレストラン ビッキーとユーリのグルメ探訪 33話

 

 

いらかの波と 雲の波
高く泳ぐ 鯉のぼり

川があった。
滝があり、滝の下で魚たちが平和に暮らしていた。
ある時、滝の上のなまずが水をせき止めて滝の下に水が流れなくなり魚たちは困った。
そこで鯉が滝をのぼりなまずをこらしめて、
水はもとどおり流れるようになり、魚たちに平和が戻った。
鯉は魚たちの英雄である。
だがしかし、現代は魚たちがいない。
帷子川にしても大きな鯉ばかり泳いでいる。

どうしたことか?かつて野に小川が流れ、農薬というものが使われず水が綺麗であった時代、
太古の時代からつい50年ほど前までの
永々と続く自然の営みの中で水辺にはたくさんの種類の生き物がいた。
どじょうやメダカといった魚たち。みずすましやほたるやアメンボといった虫たち。そしてかえるや山椒魚の両生類たち。カニもたくさんいた。
いたるところ生き物だらけであった。種の多様性がずっと続いていたのだが、それが失われている。
そして農薬と汚染に強い種だけが生き残りはびこっているのだ。
その最も数の減少した生き物は山椒魚であろう。大山椒魚も昔はウヨウヨいた。
春になると、いちばんにビッキーたちの赤ちゃんと山椒魚の赤ちゃんたちで水辺はいっぱいになる。
山椒魚の赤ちゃんは首のところに扇状の首かざりがついていてかわいらしかった。
大山椒魚は1メートル以上の大きさがあり、外敵もほとんどいないからかあまり動かない。
よって古代の人類にとって貝と同じでもっともおいしくてもっとたやすく手に入る食料であっただろう。
現代では大山椒魚を食べたことのある人はほとんどいないだろう。

ビッキーとユーリは横浜駅イタリアンレストランエル・スウェーニョで今夜は卑弥呼の時代の食べ物を想像している。
稲作も行われ、古代米でごはんを炊いていたとはいえ、魚や貝が今では想像できないぐらい豊富だっただろう。
遠浅の干潟の砂を掘れば貝から身がはみだすぐらいのハマグリやアサリや、
もう今では見ることのできないたくさんの種類の貝がゴロゴロ出てくる。
水たまりには魚たちがウヨウヨいる。川にはウナギやアユなどの魚もウヨウヨいる。
そして大山椒魚もウヨウヨいる。つかまえるのは簡単だ。手でつかまえればいい。
お酒もつくられていただろう。
米のお酒と山ぶどう酒が飲まれていたに違いない。
エル・スウェーニョのテーブルにはイタリアの赤ワイン、カサール・ベッキオ モンテプルチアーノ・ダブレッツィオが置かれている。
力強い赤ワインだ。まだ荒々しさが残る。
10年ぐらい置いておくと熟成され、すばらしい味になるだろう。

 

 

おわり

八十八夜 エル・スウェーニョ 横浜駅ジャズアンドイタリアンレストラン ビッキーとユーリのグルメ探訪 32話2016.05.30

 

八十八夜
エル・スウェーニョ 横浜駅ジャズアンドイタリアンレストラン ビッキーとユーリのグルメ探訪 32話

 

夏も近づく 八十八夜

野にも山にも 若葉が茂る

 

立春から数えて八十八日目のことである。この八(ハチ)という数字は古来特別な意味を持つ数字だ。
八百万の神々だとか、八百屋とか、浪波の八百八橋、大江戸八百八町という。宇佐八幡や鶴岡八幡も有名だ。八王子という地名も多い。
音階というものも、ドレミファソラシドと八音階に別けられている。リズムも八の割数か倍数だ。丸いピザやパンやケーキも八等分に切るのが一般的だ。
八十八夜の夜、ビッキーとユーリは横浜駅イタリアンレストラン エル・スウェーニョにピザを食べに来た。
オリジナルトスカーナピザは香ばしいカメリーナの生地に自家製ラグーソースとゴーダチーズを乗せて炭火で焼き上げる。
あまり高温過ぎない温度でゆっくりと焼く。
小麦粉の精カメリーナの香ばしいおいしさがソースとチーズと絶妙なハーモニーを生み出す。
熱い皿の上で八カットに切られたトスカーナピザが来た。

テーブルの上には白ワイン ローマが置かれている。

このローマという白ワインのおいしさは絶品だ。ほのかな甘さ、苦さ、酸味、うまさ、上品な味わいがすばらしく調和している。
ビッキーとユーリは白ワインを飲んで、トスカーナピザをパクつく。
夏も近い。

 

 

32話 終わり

春の息吹 エルスウェーニョ 横浜駅ジャズアンドイタリアンレストラン ビッキーとユーリのグルメ探訪 31話2016.05.01

春の息吹 エルスウェーニョ 横浜駅ジャズアンドイタリアンレストラン ビッキーとユーリのグルメ探訪 31話

 

 

 

春たけなわ
若葉がういういしく美しい。
この時期、野山は一気に新緑に覆われ、
これまでとは別世界の様相を見せてくれる。
生命の息吹き、生命の爆発を思わせる。
池ではおたまじゃくしが泳ぎ、
足が生えてもうすぐ水から出てカエルになろうとしている。
ビッキーとユーリもこの時期が大好きだ。
みんな春の季節が大好きだ。
ただ春というだけでウキウキしてくる。
今夜はビッキーとユーリは2人で
横浜駅 イタリアンレストラン エルスウェーニョでワインと生ハムで乾杯している。
ただ春というだけでお祝いしたくなるのだ。
赤ワインはスペインのエボディア、大地の力強さを感じさせる骨太な味。
そしてこれもまた大地と森の息吹を充分に吸い込んだイベリコ豚の生ハム。
大地と自然の恵みをそのままいただいて
ビッキーとユーリも若い力を感じて日々を生きてゆくのであった。

 

 

 

 

31話 終わり

ゴールデンウィーク エルスウェーニョ横浜駅ジャズ&イタリアンレストランでのビッキーとユーリのグルメ探訪第30話2016.04.30

  1. ゴールデンウィーク エルスウェーニョ横浜駅ジャズ&イタリアンレストランでのビッキーとユーリのグルメ探訪第30話

 

 

 

 

 

 

 

  1. image  image
  2. 今年のゴールデンウィークは長い。
    海外へ旅行へ行く人も多い。
    国外でも国内でも観光地にたくさんの人々が訪れる。
    ビッキーもユーリも休みがたくさんある。
    旅行も好きだが混雑は避けたい。
    そこで出かけることにしたのは…。
  3. 本牧の和田山の山頂公園は新緑が美しく生命に満ちあふれている。ここは太平洋戦争終戦の後マッカーサーが米軍の将校たちのために接収した。
  4. 広大な土地で原生林のままの森もたくさん残っている。
    いわゆる土地開発の手が入らなかった唯一の場所だ。
    現在では本牧山頂公園として広大な自然が残され
  5. 人々の憩いの場所として多くの人々に愛されている。
    麓の池ではヒキガエルのオタマジャクシが泳ぎ回り手足も生えてそろそろ自ら顔を出そうとしている。
  6. 虫たちやトカゲや蛇たちも出てきている。
  7. image
  8. ビッキーとユーリは特に何をするともなく山の森を眺めてひなたぼっこをしている。
    太陽がまぶしい。image
  9. 緑がまぶしい。
  10. 時が過ぎる。
  11. 日が暮れて、
  12. ビッキーとユーリは横浜駅に降り立ち
  13. 歩いてすぐのイタリアンレストラン エルスウェーニョにやってきた。
  14. この店は30年近く年中無休を続けている。
  15. 変わらずいつものように江野が迎えて料理を作る。
  16. 今夜もワインと生ハムとピザでいつもの夜を過ごそう。

 

 

  1. 第31話終わり

5月1日ゴールデンウィーク JAZZセッション2016.04.27

 

横浜「エルスウェーニョ」GW Jazzセッション
日時:2016年5月1日(日)12時~17時
ハウスメンバー:
川道亮治(p)
加藤大斗(b)
保科久穂(ds)
佐藤太(tp)
チャージ:1000円

 

 

 

※エルスウェーニョ http://elsueno.jp/
神奈川県横浜市西区南幸2-1-22 相鉄ムービル3F

 

TEL  045-322-3014

 

 

PAGE TOP