FOOD

ブログ

エルスウェーニョの新着情報やお知らせ、
ブログをご覧ください。

エルスウェーニョ 横浜駅ジャズアンドイタリアンレストラン マスターファンタジー  ビッキーとユーリのユルメ探訪 (16話)2016.02.04

エルスウェーニョ 横浜駅ジャズアンドイタリアンレストラン マスターファンタジー  ビッキーとユーリのユルメ探訪 (16話)

深い深い谷を渡ったところは岩山だった。
白く冷たい月がかがやいている。
ビッキーとユーリが岩の道を登ってゆくと、
どこからともなく琴の音の調べと歌が聞こえてきた。
大きな岩の上で一人の男がたてごとを奏でながら切々と歌っている。
月に向かって切々と歌っている。
ビッキーもユーリも心を奪われて歌と音楽に聞き入った。
男は月に向かって歌う。
男の名はオルフェ。
かつて狩人だった弓の名人。
狩りの名人といわれていた。
森の中で鹿を射る。 百発百中だった。
オルフェが作った弓と弦は彼の指が弾く時、不思議な音をかもし出した。
飛ぶ矢も妙なる音を響かせた。
鹿は逃げることなくその音にうっとりとしてその場にたたずむのだ。
オルフェはいろいろな大きさの弓をつくり、いろいろな長さと太さの弦を張った。
それらをはじくといろいろな音が出た。
低く重い音。軽やかな高い音。
オルフェは一つの大きな弓に長さの違う弦をいくつも張ってそれらを弾いて遊んでいた。
不思議な感覚だった。
どこまでもどこまでも低く、
どこまでもどこまでも高く、
見たこともない世界が見えるようだった。
広く広く世界がみえる。 どこまでもどこまでも広く。
そうして遊んでいると、鹿やうさぎが寄ってきて、うっとりと音を聞く。
もう狩りをする必要はなくなった。
ライオンや狼たちも集まってきておとなしく音を聞いている。
森の木や草もみずみずしくそよぎ、岩さえも柔らかくなって聞いていた。
月が輝いていた。
月の女神アルテミスとミューズの女神たちがオルフェを見下ろしていた。
ミューズの一人ユリディスがアルテミスに願い出る。
「女神さま、あの男は音楽に目覚めようとしています。私を彼の元へ行かせてください。 彼に音楽を授けたいのです。」
純潔の女神アルテミスは答えた。
「よろしい、行くがよい。
 ただし、お前の身の純潔は守らなければならない。」
月の女神の許しを得て、ユリディスは地上に降り立ち、オルフェの前に来た。
「私はあなたの妻。  私への愛をその弦にこめて歌うのです。」
オルフェとユリディスは心から愛し合い、
オルフェは音楽というものに目覚めた。
こうして人類に音楽がもたらされた。
オルフェとユリディスは地上で音楽を奏で歌い、
森の木々や動物たちと楽しく幸せに暮らしていった。
月日が流れた。 ユリディスはオルフェを愛するあまり、
自分が人間の女になったような気がしてきた。
天上の世界のことも忘れてしまった。
そして月の女神の言いつけを忘れて、人間の女としてオルフェと愛し合ってしまった。
アルテミスは怒りユリディスを月へ連れもどした。
地上に残されたオルフェは悲しみに打ちひしがれた。
そして毎日毎日ユリディスへの愛の歌と、彼女を失った悲しみの歌を歌った。
世界は悲しみにおおわれた。
太陽は姿をみせず、鳥は鳴かず、沈黙と暗闇の世界になってしまった。
そのような地上のありさまを見て、月の女神アルテミスは心を痛め、
「わかりました。オルフェ、ユリディスをあなたにお返ししましょう。  
ただし、ユリディスが月から地上へ降りる間、あなたは目を上げてユリディスを見てはいけない。
 その間音楽を奏でつづけるのです。」
オルフェは喜びと期待に満ちて音楽を奏で続けた。
世界は喜びをとりもどしつつあった。
音楽は続く、続く、永遠と続く。
そしてオルフェはユリディスが近くに来た気配を感じた。
そして目を上げた。
しかしユリディスは
まだ足が地上に着いていなかったのだ。
ユリディスの姿が遠くなってゆく。
「ああ、オルフェ、もうすこしだったのに。  愛する人 さようなら」
永遠に失われた愛。
茫然とたたずむオルフェ。
「なんということ、なんというおろかな男。」
オルフェはそのままユリディスの後を追うように
岩から飛んだ。
ビッキーとユーリのユルメ探訪 第十六話おわり

エルスウェーニョ 横浜駅ジャズ・アンド・イタリアンレストランでの ビッキーとユーリのグルメ探訪 節分と豆(十六話)2016.02.02

エルスウェーニョ 横浜駅ジャズ・アンド・イタリアンレストランでの ビッキーとユーリのグルメ探訪 節分と豆(十六話)

ビッキーとユーリは久しぶりに二人でデートをして、
夜、横浜駅からすぐ近くのイタリアンレストラン エル・スウェーニョに食事に訪れた。
今日は節分の日、昨日は立春。 まだまだ寒いが春はもうすぐそこ。
鬼は外、福は内といって豆をまくのも節分。
また節分に太巻きの巻きずしを食べる習慣もある。
ちなみに恵方巻というのが最近流行しているが、どうもコンビニの販売商品として生み出されたようだ。
ビルのフロアに豆をまくとあとがたいへんなので、
エル・スウェーニョは豆まきはしないけれど、
イタリアの家庭料理には豆がよく使われる。
トスカーナの人々をマンジャーレ・ファッジョーリ(豆を食べる人々)と呼ぶほどトスカーナではよく食べられる。
白インゲン豆や青インゲン豆、ひよこ豆、ガルバンゾ、
豆の種類は豊富で主にスープにして食べる。
煮豆はお弁当に持っていく。 オードブルやサラダに盛ってもおいしい。
ビッキーとユーリがエル・スウェーニョに入ると、いつもの店員がニッコリと向かえてくれた。
「いらっしゃいませ、まあ、ビッキー君とユーリさん、お久しぶり。
お二人とも元気そうで幸せそうね。」
「こんばんわ」「こんばんわ」 と二人て立ち話になる。
カウンターの大きなハリを越えた小さめの個室に座ると江野さんがやってきた。
「こんばんは。元気だった?」と声をかける。
「こんばんわ」 「こんばんわ、じゃあ赤ワインボトルと今日は豆の料理かな?」
とビッキーが注文する。
「わかりました。そうだね、節分だしね」 と江野は言って下がった。
ビッキーは二人きりでユーリと向かい合っている。
この前の成人式の日のユーリの姿が思い浮かばれる。
急に大人びた感じがしてなんだか照れくさくなった。 これまでとは違って見えるのだ。
ワインはトスカーナのロッソ・モンタルチーノ。
ブルネッロにくらべるとすこし軽やかな苦々しい味わいだ。 「おいしい。」ユーリもニッコリ。
「やっぱりトスカーナワインがいいね」とビッキー
サラダ風のオードブルがきた。 中央にサニー・カールやルッコラを盛り上げプロシュートのスライスと、カップレーゼ。
そして野菜と白インゲン豆の煮込みだ。
イベリコラルドでセロリ、玉ねぎ、インゲン豆をゆっくりとソテーし、パプリカと、
今だったら大根と白菜を加えてゆっくりと煮る。ダシは入れない。塩と少々のコショウ。
ラルドと野菜のうまみが絶妙だ。 「おいしい。何の変哲のないこんな豆がこんなにおいしいなんて」
とユーリはパクパク食べている。
「煮込みの豆と野菜の味とカプレーゼと生野菜のフレッシュな味わいとがお互いに引き立て合ってるんですね」
トスカーナパンのカメリーナが来た。 トリュフオリーブオイルとバーニァソースがそえられている。
カメリーナは夕方焼き上げて、数時間置いてすこし落ち着かせたこのころが最もおいしい。
メインの料理は鶏肉の煮込みスペイン風だ。
鶏もも肉をソテーしいろいろな豆と野菜、トマトで軽く煮込み赤ワインで仕上げる。
肉と豆と野菜が交流しておいしさのハーモニーを生み出す。
「おいしいね」ユーリが幸せそう。
「江野さんの料理がいちばんだね」
ビッキーとユーリはおいしいワインと料理で早春の日を幸せにすごした。
(エル・スウェーニョでのビッキーとユーリのグルメ探訪 十六話 おわり)

横浜駅イタリアンレストラン・エルスウェーニョでのビッキーとユーリのグルメ探訪(十五)2016.01.31

横浜駅イタリアンレストラン・エルスウェーニョでのビッキーとユーリのグルメ探訪(十五)

ユーリはハタチだ。
成人式の今日は朝から髪と着付けで
たいへんだ。一生に一度の振袖の晴れ姿なので気合がはいっている。
式が終わって横浜駅に来た。
同級生のナオとキヨと三人で晴れ着姿で駅の商店街を歩く。
ユーリはボタン絵柄の振袖をきている。
身体の大きいナオは真っ赤な着地にバラの絵。
キヨはピンク色の着地に白い花柄の振袖だ。
駅のまわりは晴れ着の人がたくさんいて
花やかな午後だ。
その辺をぶらぶらしてから、ちょっと時間が早いけど駅近くのイタリアンレストラン・エルスウェーニョでお茶しよう
ということになった。電話してみると江野さんがいて
どうぞ来てくださいとのこと。さっそく三人でお店を訪れた。

「やあ、いらっしゃい。三人ともきれいですね」
「こんにちは」「こんにちは」「どうも」
江野も若くきれいな娘さんが三人も来てくれて顔がほころんだ。
三人は奥のテーブルでとりとめのない娘の会話に花が咲いている。
江野はコーヒーの豆を取り出した。
友人の下村コーヒーの自家焙煎だ。
あのおいしい水をやかんでわかしている。
コーヒーミルで豆を削って紙のフィルターにいれる。
お湯が沸いてから、ちょっと冷まして引き立てのコーヒーにお湯を少し注ぐ泡が立ったまましばしむらす。
それから三人分のお湯を泡の立つコーヒーの中心に注いでゆく。なるべく中心から外れないように注ぐ。
香りが立ち昇る。
ユーリとナオとキヨの三人のテーブルへポットごと持っていってカップに注ぐ。
「いい香り」
「おいしそう」

「ティファニーのカップよこれ。ステキ」
三人の娘はニコニコしながら
それぞれの言葉を交わしながらおいしそうにコーヒーを飲む
お茶菓子のクッキーもそえられている
若い娘さんたちの話は尽きない。
学校のこと、友人のこと、男性のこと、恋のこと、将来のこと、そのように午後のゆっくりとした時間が過ぎていった。

夕方になってビッキーがやってきた。
仕事を終わらせてから来たのだ。
三人の振袖娘たちに合流する。
いつものユーリと違って晴れ着のユーリはまぶしい。
ナオちゃんとキヨちゃんに紹介される。
ちょっと気恥ずかしい。
三人の美しく着飾った若い娘たちから見つめられてビッキーはうれしいけれど、少し落ち着かない気持ちだ。
さしさわりのない会話が続く。
江野さんがやってきた
「ビッキーくん、うらやましいね。
こんなきれいな女性にかこまれて」
「は、はい」
女の子たちは、白ワインとりんごジュースのサングリア、カシスオレンジ、ファジーネーブルをそれぞれたのみ、ビッキーは鎌倉ビールにする。
ピザマルゲリータがきた。
「ここのピザが最高ね」とユーリ。
「おいしい」「ほんと」とナオとキヨ。
ユーリたちの成人の日もこうして楽しく過ぎていった。

             第十五話おわり

エルスウェーニョ(横浜駅イタリアンレストラン)マスターファンタジー ビッキーとユーリのユルメ探訪(15)2016.01.31

エルスウェーニョ(横浜駅イタリアンレストラン)マスターファンタジー
ビッキーとユーリのユルメ探訪(15)

ドドドドドドドドド
ケンタウルス ノートンはビッキーとユーリを乗せて走る。
走る。走る。

「さあ、着いたぞ。ここが地の果て
この先は千尋の谷。誰も渡れない。
わしがいっしょに来れるのはここまでだ。
あそこに少年が三人遊んでいるから
友達になるといい。さらばじゃ」
「さよなら。ノートンさん」
「さようなら、ケンタウルスさん、ありがとう」

崖のそばに少年が三人いる。
ビッキーとユーリが近づくと
一人の快活な少年が二人をニコニコと迎えてくれた。
あとの二人は無口でユーリをチラッと見て
恥ずかしくて下を向いてしまった。
「こんにちは」
「こんにちは」
「ビッキー君とユーリちゃん。ようこそ
ぼくはニーチェ、彼はドストエフスキー、
もう一人はムソルグスキー。
ぼくたち、それぞれ、哲学と詩と音楽を
勉強してたんだけど別々に勉強しても世界は変えられないと気が付いたんだ。
哲学、詩、音楽、これらはもともと同じもの。
もう一度力を合わせていっしょになって進まなくては。
それで三人集まって、それぞれの三本の糸を
より合わせて網をつくったんだ。
この千尋の谷に渡して向こうの世界、新しい世界へ、網を渡して、
谷の上を網渡りして遊んでいるところさ。」
「へえ、すごいなあ。こんな谷を渡るのか」
「こわあい」
「平気さ。まっすぐ前だけを見て、ほれこうやってバランスをとって渡るんだ。」
ニーチェ君は網の上をスタスタと歩いてみせた。
「ビッキー君は僕の後について僕と同じように渡ればいい。ユーリちゃんは女の子だから
ドストエフスキーとムソルグスキーの間にはいって、手をつないでもらって渡るといい。
さあ、いくよ。」
ドストエフスキーもムソルグスキーも顔を真っ赤にしてユーリとなかなか手をつなげない。

「ほおら、恥ずかしがってないでちゃんと手をつないで。ユーリちゃんを安全に向こうまでわたすんだぞ」
こうして、ニーチェ、ビッキー、ドストエフスキー、ユーリ、ムソルグスキーの
五人の子供たちは一本の網をゆっくりと渡って
向こうの世界、まだ見ぬ新世界へ
深い深い谷の上を渡っていった。

             第十五話おわり

20 / 35« 先頭...10...1819202122...30...最後 »

PAGE TOP