マスター小説

ブログ

2015.07.01

カメリーナはもうその頃には人々にとってなくてはならない存在となっていた。

紀元元年の少し後、救世主イエスキリストが12人の使徒と共にした最後の晩餐のテーブルにもカメリーナはひっそりと置かれていた。

イエス・キリストはこう語る

「このワインは私の血だ。このカメリーナは私の肉だ」と

アッシジのサント・フランチェスコが貧しい農夫の差し出すパンを仲間たちと分かち合ったものもカメリーナであり、

フィレンツェを追われたダンテが

「他国のパンはなんと塩っぽいことか!」と嘆き、懐かしんだのもカメリーナである。

レオナルド・ダ・ヴィンチもミケランジェロもカメリーナを食べて育ちその才能を養った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP