マスター小説

ブログ

2015.07.08

そして今、

カメリーナは私のそばにいる。

25年連れ添っている。

初めて出会った瞬間心奪われ、

ずっと一緒だ。

片時も離さない。

 

毎日真っ白のカメリーナを指で優しくなでる。

湿り気を与えて手のひらで柔らかくこねる。

だんだんと力を加え強く打ち付ける。

カメリーナは次第に熱を帯びてくる。

カメリーナに必要なものは

清冽でほとばしる水。

ゆったりとした暖かい時間。

そして香り高く燃え盛る火。

私に、カメリーナに命を吹き込むことができるだろうか?

 

 この美しき自然の賜物に栄光あれ。

 

 

                           end

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP