マスター小説

ブログ

カメリーナ2015.05.24

カメリーナの生まれがいつなのか誰も知らない。

それは遠い昔。

それより もっと昔、

気の遠くなるような遠い過去の時のさて、

地球という惑星がかでき、水というものがその表面を冷やし

海と言うものができ永い永い時が過ぎ、

生命と言うものが生まれた。

二酸化炭素を取り込み、酸素を放出する有機生命体だ。

そして永い月日が経った。

植物と呼ばれる生命体が地球にあふれ、はびこると、

今度は酸素を取り込み、二酸化炭素放出する生命体が生まれた。

理由は地球を囲む大気が酸素ばかりになると植物が絶滅するからだ。

新しい生命体は酸素ばかりになると植物が絶滅するからだ。

新しい生命体は雌雄が明確に分離して、躍動的な移動力を備えていた。

環境に適応するためである。

長い年月が経った。

地球は陸も海も生命で溢れている。

 陸は木や草が生い茂り昆虫類が飛び交い海は魚が泳ぎ回っている。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP